アーカンソー州立大学オンライン英語コース

オンライン英語留学「アーカンソー州立大学オンライン英語コース」の費用

MENU
アーカンソー州立大学
オンライン英語コースの費用

アーカンソー州立大学オンライン英語コースの費用を掲載しています。金銭的に留学が困難という方でも、費用を抑え、本場アメリカの大学の講義を受講することができます。

アーカンソー州立大学オンライン英語コース

左右にスライドください

アーカンソー州立大学オンライン英語コースは1コース$800~で提供しております。

アーカンソー州立大学への留学とオンライン英語コースの違い
Cost Comparison

オンラインと留学時の料金比較

アーカンソー州立大学の現地英語コースに1学期間通学する際には、授業料だけで約51万円かかります。オンライン英語コースの場合、約18万4000円です。授業料だけで、約3分の1に抑えることができます。

また、現地英語コースに留学する場合には、現地通学者向けの大学への追加納入費用、生活費、医療保険料、往復航空券代などがかかります。オンライン英語コースですと、こうした費用がかかりません。

こうした諸費用も考慮すると、オンライン英語コースを受講することで、約87%も費用を節約することができます。金額にして約137万円から約18万円になり、約119万円もの節約になります。

留学スタイルのご提案

A State online ESL

当オンライン英語コースを修了した後の進路は、多彩です。

提携大学やそれ以外のアメリカ大学、海外の大学院、イギリスなどヨーロッパ型の大学、日本の大学、アジアなどその他海外大学等、海外留学から国内大学進学まで、修了後の進路はばらばらです。英語力を上げたいという目標を共有する、様々な人が受講しています。

最終的には4年制大学を卒業したいが、まずはアメリカの2年制大学コミュニティカレッジあるいは海外の1年制ファウンデーションコースに進学するという人にも、当オンライン英語コースは大変向いています。

もっと詳しく知りたい!
お問い合わせはこちら 開校日をチェック

TOEFL®予備校との比較
Cost Comparison

1時間当たり費用比較

日本のTOEFL®対策予備校は、全国的に極端に高い授業料設定をしていますが、アーカンソー州立大学オンライン英語コースは世界水準の授業料設定により、圧倒的に安い授業料で受講可能です。

日本の大手TOEFL®対策予備校は、受講者1人当たりの授業料を、約8,000円/1時間に設定していることが一般的です。一方、アーカンソー州立大学オンライン英語コースでは、約1,150円です。約7分の1の費用で、大学講師から世界水準の英語教育を受けられます。

TOEFL®対策に活用する

コミュニティカレッジとの比較
Cost Comparison

3大学のケースで料金比較

コミュニティカレッジの英語コースで1学期間(4ヶ月)学ぶと、授業料だけで50万円近くかかりますが、アーカンソー州立大学オンライン英語コースでは約184,000円です。

また、コミュニティカレッジでは、現地通学者向けの大学への追加納入費用、生活費、医療保険料、往復航空券代などがかかります。

こうした諸費用も考慮すると、オンライン英語コースの受講により約88%もの費用節約が可能です。約132万円もの節約になります。

もっと詳しく知りたい!
お問い合わせはこちら

留学にかかる費用
Expenses for study-abroad

海外留学に限らず、大学進学には大きな出費がつきものです。海外留学においても、費用の工面を避けずには通れませんが、最初からあきらめる必要はありません。

海外留学推進協会は、予算に余裕はないが、海外留学を実現したい若者や、その保護者の皆様の味方です。幣協会では、提携大学や語学学校への手続きサポートを、全て無料で行っています。ご自身で全て手続きした場合と、全く同じ費用で留学が可能です。

幣協会は、世界でもっとも信頼された留学サポート団体のみが認定された、AIRC(American International Recruitment Council)認定の日本唯一の団体です。世界中の大学・語学学校との強力なネットワークを生かし、皆様の多様なご予算にお応えできる、多数の優良学校をご紹介しております。

アーカンソー州立大学オンライン英語コースの紹介に加えて、格安4年制大学や2年制大学、フィリピンを含む格安語学学校など、多数の提携学校をご紹介しております。

日本人に人気の留学先である、アメリカ西海岸の大学や語学学校も多数提携しています。カリフォルニア州立大学、カリフォルニア大学、ワシントン大学、ワシントン州立大学、カリフォルニア州やワシントン州のコミュニティカレッジ等、ご予算に合わせてご紹介しております。

ニューヨーク州立大学や有力私立大学など、留学生に対しても多額の返済不要の奨学金を支給する大学との提携も、多数あります。アメリカの大学では、有力大学を中心に留学生に対しても奨学金を支給していることが少なくありません。

例えば、返済不要の奨学金が、授業料だけでなく、寮費や食費も一部カバーしていることがあります。授業料・寮費・食費の合計額の約半分が、奨学金によって負担される優良大学などもあり、日本の国公立大学に行くよりも海外の大学の方が安く卒業できることもあります。授業料だけを見てアメリカ留学をあきらめる必要はありません。

幣協会は、「英検」を運営している日本英語検定協会と提携しており、英検を使った海外留学を支援しています。海外の大学に進学するには、TOEFL®やIELTSといった英語試験が一般的ですが、英検の受験料はTOEFL®やIELTSの約5分の1で済みます。

皆様の先輩たちも、最初は費用を含めた様々な壁にぶつかりながらも、あきらめなかったことで最終的には海外留学や海外進学を実現していきました。皆様の素敵な海外留学や大学進学が実現できるように、幣協会では無料サポートをしております。

ページトップへ戻る
お問い合わせはこちら