アーカンソー州立大学オンライン英語コース

大きく変わる大学入試英語も「アーカンソー州立大学オンライン英語コース」で対策

MENU
入試改革で英語の試験が大きく変わる!
国内入試対策も、アーカンソー州立大学オンライン英語コースで

2020年度より実施される入試改革により、今後英語の大学入試はこれまでの「聞く」「読む」に加え「話す」「書く」という4技能をテストされるようになります。
外国語学部や国際教養学部など、英語系学部の入試はもちろんのこと、それ以外の学部でも必要となる4技能の対策を、アーカンソー州立大学のオンライン英語コースを活用し対策をしていきましょう。

思考・判断・表現の力が身につく!

入学後も使える英語力を
身につけましょう

アーカンソー州立大学が用意するオンライン英語コースでは、アカデミック英語を通じて4技能を効率的に身につけることが可能です。2020年度より実施される「大学入学共通テスト」では、TOEFL®やIELTSなどの民間の資格を受験することになります。これらの試験は単に「書く」「話す」力だけでなく、問題を理解したうえで自分がどう考えているのかを表現することが求められます。アーカンソー州立大学オンライン英会話コースでは、実際にアメリカの大学で講義を行っている講師が質の高い授業を行うため、4技能習得への近道となるでしょう。また「大学入学共通テスト」で採用されるCEFRに則って自分の英語力が今どのレベルにあるのかを確認することができます。
オンライン日本にいながら本当の留学体験をしてみませんか?

コースの特徴

  • 1.講師陣の質の高さ

    アーカンソー州立大学オンライン英語コースでは、アーカンソー州立大学の講師がアメリカから直接、オンラインで授業をします。全講師が英語教授法または言語学の修士号を保有するエキスパートです。

  • 2.CEFRが明確

    当オンライン英語コースでは、CEFRチャートを作成しており、各レベルに入る英語レベルや、修了時の目安の英語レベルが明確です。日本の平均的高校生の英語力であるCEFR A2レベルから、日本の最難関大学が求めるB2レベルまで引き上げます。

    各試験団体のデータによるCEFRとの対照表
    本コースの
    レベル
    CEFR
    Level
    IELTS
    exam
    TOEFL®
    iBT
    Cambridge
    exam
    TOEIC® iTEP
    Ranges
    iTEP Exit
    Score
    Needed
    C1 6.5-7 95-110 CAE/180-200 701-910
    Level 5 B2 5-6 65-95 FCE/160-180 541-700 4.0-4.9 4
    B1 3.5-4.5 40-65 PET/140-160 381-540 3.5-3.9
    Level 4 A2 3 30-40 KET/120-140 246-380 2.5-3.4 3.3
    Level 3 2.6
  • 3.通学時間不要

    日本の大都市にも英語4技能対策予備校はありますが、一般的に自宅から遠く、通学時間の無駄が発生します。オンライン英語コースでは、自宅や学校など場所を選ばず受講できますので、浮いた時間を英語学習に回せます。

活用方法
How to use

  • 英語4技能対策

    今後の大学受験では、センター試験の代わりに、英検やTEAP、TOEFL®、IELTSなど、民間の英語4技能試験が使われます。アーカンソー州立大学オンライン英語コースは、こうした英語検定試験に必要な英語力を、集中して鍛えます。

  • 入学前の予習のため

    英語系大学は授業も英語で進む事が多いです。また、英語でのディスカッションなど、英語で自身の考えを表現できるようにしておくためにも、事前学習としても、アーカンソー州率大学のオンラインコースをご活用ください。

  • 受験予備校と併用

    通常の大学受験予備校で対策いただき、フォローアップとしてアーカンソー州立大学オンラインコースを受講いただく方法。
    入試突破と4技能の実践的な英語が身につく最もおすすめの方法です。

  • 日本の大学と海外大学のダブル受験対策

    以前は、日本の大学を目指す人と、海外大学を目指す人とで、受験対策が大きく分かれていましたが、今後はますます国内外受験の垣根がなくなります。同じ受験対策で、国内外のダブル受験が可能です。

もっと詳しく知りたい!
お問い合わせはこちら 開校日をチェック

どの英語資格を取得したらいいか
What English qualifications should you obtain?

4技能を測る民間資格が数ある中、具体的にどの資格をどれほどのレベルで取得できれば、大学合格となるか。これに関しては大学によって異なるため、一概には言えないのですが、4技能を測るための資格として代表的なのは下記の資格です。

  • TOEFL®

    TOEFL® テストは、世界で最も広く受け入れられている英語能力試験で、オーストラリアやカナダ、英国、米国を含め 130 か国 10,000 以上の大学や機関に認められています。

    TOEFL®について詳しくはこちら
  • IELTS

    IELTSは、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど120カ国、約6,000の教育機関・国際機関・政府機関が採用し、年間140万人が受験する、世界的に認められた英語運用能力試験です。

    IELTSについて詳しくはこちら
  • TOEIC®

    「国際コミュニケーションのための英語力測定試験」リーディングとヒアリングのセクションに分けて受講をします。また、TOEIC® Speaking & Writingテストも、別途実施されています。

  • 実用英語技能検定(英検)

    日本でお馴染みの英語検定試験です。英語の4技能のバランスを重視し、時代の動きに合わせて厳選された質の高い問題を出題しています。

  • TEAP

    上智大学と日本英語検定協会が共同で開発した、大学入試向けの英語運用能力測定試験です。日本の多くの大学が、大学受験の際に利用しています。

  • GTEC CBT

    ベネッセコーポレーションが実施している英語4技能検定試験です。日本の高校生の多くが、高校内で受験しています。

英語系学部の入試と入学後
The admission exams and beyond life in English-related departments.

外国語学部や国際教養学部などの学部を志望する人にとっては、4技能を特に高いレベルで習得する必要があります。

これらの学部は入試における通常科目の難易度はそこまで高くないものの、英語科目の難易度が頭ひとつ分飛び抜けて高いのが特徴です。また、入学後の授業も英語で進むことが多く、中には最低1年間の留学を卒業の条件としている大学もございます。

受験対策を目的としている通常の大学受験予備校のみでは、入学試験は突破できても、入学後にも必要となる実践的な英語力は身につきにくいかと思われます。

実際、これらの学部は外国人学生や帰国子女が多く、彼らが英語で自身の考えを表現でき、ディスカッションできるのに対し、いわゆる純ジャパ(海外経験の無い日本人)と呼ばれる人たちはそれらの力を入学前からしっかりと身に着けておかないと、授業についていけず、学内で疎外感や劣等感を感じることもあるそうです。

英語で思考・判断・表現をできる力というのは、入学後にどうにかしようと思っても間に合わず、あっという間に置いていかれ、授業に出ることも辛くなり、せっかく入った大学なのに退学してしまうこともあるそうです。

ページトップへ戻る
お問い合わせはこちら